(演劇雑誌)を読む会

演劇ユニットCOLLOLの、演出家劇作家女優田口アヤコによる
「(演劇雑誌)を読む会」の進行用blogです。

毎週水曜日19:00~22:00 世田谷区内にて。
どなたでもお気軽にご参加頂けます。
<< 20090603『ぴあ 6/4号』 | TOP | 20090617『DDD Vol.33 2009年6月号』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
20090610『テアトロ 2009年6月号』
 中里地区会館 和室にて。
参加者:坂本さん、田口

見開き、裏表紙の広告から、演劇公演の告知ばかり。
新劇劇団中心。
雑誌のカラーはわかりやすい。

巻頭リレー劇評で取り上げられている、
トラッシュマスターズさんという劇団さんの公演に興味をもつ。

特集は「リバイバルが新鮮!?」
新国立劇場の「再発見シリーズ」の記事が載っているが、
私はどれも観劇していない。
過去の名作戯曲を発掘して上演する、というのは
国立の劇場としてのよい仕事とおもうが、
一般の観客にとって、どれだけの魅力のある企画なのだろうか?

ブレヒト『三文オペラ』
シアターコクーンでの宮本亜門氏の演出による上演と、
東京演劇集団風の上演が同時期に重なった、という記事が面白い。
双方とも歌がいまいちだったということで残念。

フェルデンクライス・メソッドによる
「動きと声の基礎レッスン」という記事が面白いが、
一回分だけでは実用に足りない感、
本になったら買いたいと思う。

そのほか、実際おこなっている
劇作方法、稽古方法などについて、脱線して話す。
17:55 | 実施会の記録 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
17:55 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://engekizassi.jugem.jp/trackback/6
トラックバック